【チャレンジタッチ】軽いランチャーを導入して、少し快適にする【2018年】

チャレンジタッチをAndroid化したけど、やっぱり重いという人は、ランチャーを見直してみては?!

ランチャー(ホーム画面)

challenge-cool01

小型デスクトップ (ランチャー) (無料)
カテゴリ: カスタマイズ
販売元: AtomicAdd Team
価格: Free


メモリー消費量の少なさそうな上記の軽量のランチャーに変えたら、結構、チャレンジタッチの動作が軽くなりました。たぶん、重い原因の一つに、メモリー不足というかメモリーが足りないっていうのもあったんでしょうね。画面は上記のような感じで、デスクトップにアイコンが並んでいるだけという感じにはなりますが、見た目よりも快適さ優先ですな。

ちなみに、チャレンジタッチで使ったことがあるランチャーは
・スマートランチャー (Smart Launcher)
・Nova Launcher
・Microsoft Launcher
・Apex Launcher
・ADW.Launcher
だったと思います。

その中では、スマートランチャー (Smart Launcher)が安定しててよかったと思います。あと、タブレット向けのUIっぽかったというのもよかったと思います。

通知領域

challenge-cool02

Notification Toggle(無料)
カテゴリ: ツール
販売元: j4velin
価格: Free


チャレンジタッチ(Android4.2.2相当)ですが、この時代のAndroidはOSで通知領域の機能がないみたいなので、上記も導入します。そうすると、通知領域が画面のような感じになって便利になります。

challenge-cool03

Notification Toggleをインストール後、Notification Toggleの設定画面で、表示する機能アイコンをチェックしないと何も表示されませんので設定も行ってください。

追記:2019/04/09

Simple TV Launcherを導入してみる【2019年】
たぶん、AndroidTV向けのランチャーだと思います。これが結構軽くて、タブレットにも相性が良い気がします。チャレンジタッチに導入してみると、こんな感じです。ホー


AndroidTV向けのランチャーのほうが、軽くて良い感じなので、そっちに移行しました。

【チャレンジタッチ】安定動作させるために、バックグラウンドプロセスを4個にする【2019年】
バックグラウンドプロセスチャレンジタッチの場合、標準では、表のプロセスが1つ、裏(バックグラウンド)のプロセスが1つという制限があって、普通のアンドロイド端末として使うのが厳しい時があるのですが、


あと、バックグラウンドプロセスの数を増やすと、良いかも。

スポンサーリンク

コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。