【ESP32】Lチカによる動作確認(基板上の青色LED利用)

・Windows 10 (1809)
Amazon:KKHMF ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetooth デュアルコアCPU低消費電力

上記で確認してますが、DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードならほぼ同じかと思います。

ボード上に、青色LEDが搭載されてるのでそれを利用するので、購入したそのままで確認できるかと思います。DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードの場合、青色LEDはGPIO 2に接続されてるようです。

空のスケッチ

新規作成すると、空のスケッチ(プログラム)が作成されます。Lチカ確認すると、ずーっとLEDがチカチカし続けるかと思います。

で、空のスケッチで上書きすれば、当たり前ですが、Lチカは動作しなくなります。

Lチカのサンプル

const int ledPin = 2;

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
}

void loop() {
 // put your main code here, to run repeatedly:
 digitalWrite(ledPin, HIGH);
 delay(250);
 digitalWrite(ledPin, LOW);
 delay(250);
}

数字の2の部分を、実際にLEDに接続されているポート?を指定すればOKです。今回は、2です。

【ESP32】DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードへの書き込み方法
・Windows 10 (1809)・上記で確認してますが、互換ボードならほぼ同じかと思います。設定の確認ボード:DOIT ESP32 DEVKIT V

書き込めば、すぐに動作しだします。

こんな感じです。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。