【ESP32】自動書き込みするために、EN-GND間にコンデンサーを挿入

Windows 10 (1809)
Arduino 1.8.7
Amazon:KKHMF ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetooth デュアルコアCPU低消費電力

で確認しました

おそらく、DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードは、みんな似たような感じだと思われる

失敗?!

0.1μFのセラミックコンデンサーをEN-GNDに挿入してみたが、うまくいかず。容量の問題かなとおもって、並列に3つまで入れてみたが、うまくいかず。私の知識では原因分からず

成功

1μFの電解コンデンサ =>OK
0.22μFの電解コンデンサ=>OK

1μFの電解コンデンサでやると自動書き込みできるようになりました。0.22μFの電解コンデンサでもうまくいきました。

こんな感じに・・・

ミニブレッドボードを半分に切って使ってるので、内部に「0.22μFの電解コンデンサ」を配置してみた。

事例

EN-GND間に0.1uFのコンデンサを追加しました。これでプログラムの書き込みに失敗することは無くなりました。
ESP32のプログラム書込みを安定させる - Qiita

実際に、ブレッドボード上で、EN-GND間に0.1uFを2個入れてみましたがうまく行かず、1uFを入れようやく自動で書き込みができるようになりました。
大和通信の技術力 : スケッチの自動書き込みでハマりました。

Windows で USB<->シリアル変換に CP2102 を使う場合には EN <-> GND 間にもっと大きな 0.22μF~2.2μF のコンデンサを入れてください。CP2102 を使っている開発ボードも DOIT V1 の回路図通りならコンデンサを追加する必要があると思います。
ESP32-WROOM-32

原因らしきもの

ESP8266で問題が起きなかった回路がESP32になり、処理が高速になり問題が発生したのかもしれません。
ESP32のプログラム書込みを安定させる - Qiita

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:山西一啓 :

    積層セラミックコンデンサは電圧をかけると容量が減るので2、3個パラにしても足りなかったようですね。