【ESP32】HelloServer よるWi-Fi 動作確認

スケッチの書き込みまで

「ファイル」=>「スケッチ例」=>「WebServer 」=>「HelloServer」から読み込んでください。今回は、一部修正する必要があります。

const char* ssid = "........";
const char* password = "........";

const int led = 13;

ssid の「........」の部分をWi-FiのアクセスポイントのSSID
password の「........」の部分をWi-Fiのアクセスポイントのパスワード

最低でも上記2つは書き換えないと動作しません。

led の13は、私が使っている開発ボード上の青色LEDでは2なので2に書き換えました。

実際に動作させてみる

「ツール」=>「シリアルモニター」で表示されるIPアドレスを確認します。開発ボードの「EN」ボタンを押すとリセットがかかるようで、このボタンをおせば最初から実行されるので、再度表示されるかと思います。

確認したIPアドレスで、ブラウザからアクセスします。今回は、http://192.168.11.22/です。「hello from esp8266!」と表示されたら成功です。

あと、プラウザでアクセスするたびに、開発ボード上の青色LEDが光るかと思います。

HelloServerスケッチ

#include <WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <WebServer.h>
#include <ESPmDNS.h>

const char* ssid = "ここにSSIDを書く";
const char* password = "ここにWi-Fiのパスワードを書く";

WebServer server(80);

const int led = 2; //この数字を書き換える

void handleRoot() {
  digitalWrite(led, 1);
  server.send(200, "text/plain", "hello from esp8266!");
  digitalWrite(led, 0);
}

void handleNotFound() {
  digitalWrite(led, 1);
  String message = "File Not Found\n\n";
  message += "URI: ";
  message += server.uri();
  message += "\nMethod: ";
  message += (server.method() == HTTP_GET) ? "GET" : "POST";
  message += "\nArguments: ";
  message += server.args();
  message += "\n";
  for (uint8_t i = 0; i < server.args(); i++) {
    message += " " + server.argName(i) + ": " + server.arg(i) + "\n";
  }
  server.send(404, "text/plain", message);
  digitalWrite(led, 0);
}

void setup(void) {
  pinMode(led, OUTPUT);
  digitalWrite(led, 0);
  Serial.begin(115200);
  WiFi.mode(WIFI_STA);
  WiFi.begin(ssid, password);
  Serial.println("");

  // Wait for connection
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println("");
  Serial.print("Connected to ");
  Serial.println(ssid);
  Serial.print("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());

  if (MDNS.begin("esp32")) {
    Serial.println("MDNS responder started");
  }

  server.on("/", handleRoot);

  server.on("/inline", []() {
    server.send(200, "text/plain", "this works as well");
  });

  server.onNotFound(handleNotFound);

  server.begin();
  Serial.println("HTTP server started");
}

void loop(void) {
  server.handleClient();
}

ブラウザに表示される文字は「hello from esp8266!」ですが、その部分を書き換えたら、別の文字も表示できます。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。