【ESP32】時計表示、ntpによる時刻合わせ

液晶との接続

OLED   ESP32
GND <=> GND
VCC <=> 3V3 (3.3V)
D0 <=> D18 (CLK)
D1 <=> D23 (MOSI)
RES <=> D16 (RX2)
DC <=> D4
CS <=> D5

私は上記のように接続してます。これ以外でもOKですが、スケッチ(プログラム)と一致させる必要があります。

必要なライブラリーの導入(Arduino IDE)

ArduinoIDEの「スケッチ」=> 「ライブラリをインクルード」 => 「ライブラリを管理…」から導入できます。

1. Adafruit_SSD1306: https://github.com/adafruit/Adafruit_SSD1306
2. SPI: https://github.com/PaulStoffregen/SPI
3. Adafruit_GFX: https://github.com/adafruit/Adafruit-GFX-Library
4. NTPClient: https://github.com/arduino-libraries/NTPClient
5.WiFiUdp: https://github.com/esp8266/Arduino/tree/master/libraries/ESP8266WiFi
Internet Clock using ESP32 and OLED Display

1. Adafruit_SSD1306 => 導入
2. SPI => 標準で入っている
3. Adafruit_GFX:  => 導入
4. NTPClient:  => 導入
5.WiFiUdp: => 標準で入っている

すでに「Adafruit_SSD1306」「Adafruit_GFX」は導入してたので、今回は「NTPClient」を追加で導入しました。

ネットで公開されているサンプルを動かしてみる

/**
 * Internet Clock using ESP32 and OLED Display
 * https://circuitdigest.com/microcontroller-projects/esp32-internet-clock
*/

#include <WiFi.h>

#include <SPI.h>
#include <Adafruit_GFX.h>
#include <Adafruit_SSD1306.h>

#include <NTPClient.h>
#include <WiFiUdp.h>
const char* ssid     = "SSIDを書く";
const char* password = "パスワードを書く";

#define NTP_OFFSET  32400  // In seconds //
#define NTP_INTERVAL 24 * 60 * 60 * 1000    // In miliseconds 
#define NTP_ADDRESS  "ntp.jst.mfeed.ad.jp"

WiFiUDP ntpUDP;
NTPClient timeClient(ntpUDP, NTP_ADDRESS, NTP_OFFSET, NTP_INTERVAL);

#define OLED_MOSI  23
#define OLED_CLK   18
#define OLED_DC    4
#define OLED_CS    5
#define OLED_RESET 16 //変更
Adafruit_SSD1306 display(OLED_MOSI, OLED_CLK, OLED_DC, OLED_RESET, OLED_CS);

void setup()
{
display.begin();
Serial.begin(115200);

Serial.println();
Serial.println();
Serial.print("Connecting to ");
Serial.println(ssid);
WiFi.begin(ssid, password);
while (WiFi.status() != WL_CONNECTED)
{
delay(500);
Serial.print(".");
}
Serial.println("");
Serial.println("WiFi connected.");
Serial.println("IP address: ");
Serial.println(WiFi.localIP());

timeClient.begin();
 
display.begin(SSD1306_SWITCHCAPVCC);

display.clearDisplay();
display.setTextColor(WHITE);
//display.startscrollright(0x00, 0x0F);
display.setTextSize(2);
//display.setCursor(0,0);
//display.print("  Internet ");
//display.println("  Clock ");
//display.display();
//delay(3000);
}

void loop()
{

timeClient.update();
String formattedTime = timeClient.getFormattedTime();

// Serial.println(formattedTime);

display.clearDisplay();
display.setTextSize(2);
display.setCursor(0, 0);
display.println(formattedTime);

display.display();   // write the buffer to the display
delay(10);
delay(100);

}

・Wi-FIのSSIDとパスワードを埋める
・液晶との接続ポート番号を一致させる

で、動作するかと思います。

//日本時間の設定(時差)
NTP_OFFSET => UTC+9 = 9(時間)= 32400(秒)
//NTPに問い合わせる間隔の設定
NTP_INTERVAL => 24(時間) * 60(分) *60(秒) *1000(ミリ秒) = 86400000(ミリ秒)
//NTPサーバー
NTP_ADDRESS =>ntp.jst.mfeed.ad.jp

上記の変数の値をオリジナルから変更しています。

動作動画

参考

Internet Clock using ESP32 and OLED Display
ESP-WROOM-02 の時刻合わせ | SG Labs
サービス詳細 : インターネットマルチフィード時刻情報サービス for Public
ESP32で現在時刻を取得する

うまくいかないときは・・

段階を踏んだほうがよいかも。

■ 液晶表示の確認
【ESP32】128×64 OLED LCDの動作確認【SSD1306】 – お部屋でモバイル

■Wi-Fi接続の確認
【ESP32】HelloServer よるWi-Fi 動作確認 – お部屋でモバイル

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。