チャレンジタッチをroot化する方法

自己責任でお願いします。
壊れるリスク以外にも、使用するツールによってはウイルスを混入されるとかいろいろなリスクがあるかと思います。

あと、工場出荷状態にしても、root化されたままですので、もとの状態に戻らないです。文鎮化(壊れて起動しなくなる)リスクもあります。

ビルド番号の確認とお勧め

challenge-root01

ちなみに、最初はkingoではなく、「SHARP_android_rooting_tools ver.7.0」を使用してroot化するつもりだったのですが、どうやってもroot化の途中で固まってしまって作業が進まず、root化できませんでした。
チャレンジタッチの設定→タブレット情報でチャレンジタッチの情報を確認できるのですが、自分のビルド番号は「02.01.000」でしたので、参考にさせていただこうとしたstone様とは環境が違うからかもしれません。
チャレンジタッチのタブレットを、Androidタブレットに改造してみる(2): ぼんやり日和。


お勧め=> SHARP_android_rooting_tools ver.7.0

ビルド番号によっては使えない(新しいものは使えない)ようですが、上記の方法が個人的にもおすすめです。
ただし、私が持っているのは「02.02.000」でダメでした。

いろいろ試してみたのですが、結局、「Kingo Root (Windows版)」でしかroot化できませんでした。失敗した方法は最後にまとめておきますので、試す予定のものがあれば確認してみてください。

root化するまえに、やったほうがよいこと

【無改造】チャレンジタッチをAndroidタブレットとして使用する方法
【無改造】チャレンジタッチに、SDカード経由でアプリをインストールする方法

root化しなくても、GooglePlayを導入しなくても、そこそこ使えるということと、上記程度はできないと今後問題が起こった時に解決していけないかと思います。

ESファイルエクスプローラはインストールしておいたほうがroot化の確認とか、GooglePlayの導入とかにも便利なのでそこまではできたほうが良いかと思います。

root化の仕方 - Kingo Root (Windows版)

Kingo Root (Windows版)を用いたroot化の方法

やり方は上記にまとめましたので、作業前にお読みください。

やり方は難しくはないのですが、
・中国系のツールである
・パソコン側にも入れないとダメ
・root化が成功しても、superuserやsuperSUでなくて「kingo SuperUser」というアプリになる
というあたりが個人的には気になります。

私は、superSUの置き換えに成功しましたが、これも必ず成功するかどうかはわからないので「kingo SuperUser」を使い続けることになるかもしれません。

challenge-root02

root化が本当に成功したかの確認ですが、ESファイルエクスプローラの「ツール」のところに「ROOTエクスプローラ」という項目があり、これをONに出来たら成功しています。ONにすると、初回は、このアプリが管理者権限を使うことを認めますか?というダイアログがでると思います。

root化に失敗した記録

SHARP_android_rooting_tools ver.7.0
SHARP_android_rooting_tools ver.7.0 を使用したroot化

ファイルの出所とかを中身をみると、それなりに安心な気がするのですが・・。
このツール自体は、インターネットに接続していなくても使えます。

Framaroot
Framarootの使い方【root化ツール】

Andoroid側にいれるワンクリックroot系のものです。

towelroot
towelrootの使い方【root化ツール】

Andoroid側にいれるワンクリックroot系のものです。

kingroot
kingroot.apk(android版)を用いたroot化の方法
kingroot(Windows版)を用いたroot化の方法

このあたりからは、個人的にはあやしい(グレー)な気がします。
root化成功しても、superuserやsuperSUでなくて「king User」というアプリになります。

Kingo Root
Kingo Root (Android版)を用いたroot化の方法

Androidバージョンはダメでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。