【LGT8F328P】Arduino IDEの簡単な導入方法 【Arduino互換】

Windows 10 (1909)
Arduino 1.8.10
LGT8F328P-SSOP20 MiniEVB(Pro Mini Style SSOP20)
で確認しました

やり方は2通りある

1.メーカーのWebページからファイルをDLして、コピーする方法
 =>【LGT8F328P】Arduino IDEを使えるようにする 【Arduino nano互換】
2.ボードマネージャーURLにURLを追加して、導入する方法
 =>当記事のやり方

手順の要約

1.Arduino IDEインストール
2.パッケージのインストール
3.環境の設定

1.Arduino IDEインストール

Arduino IDE をインストールする
Windows 10 (1809)で確認しましたArduino IDE アプリの入手以外は、特にづまづく点はないかとは思います。Arduino IDE アプリのダウンロード

Arduino IDEのインストールがまだの人は、インストールしてください。

2.パッケージのインストール

メニューバーの「ファイル」=>「環境設定」のところで、ボードマネージャーURLを追加します。

https://raw.githubusercontent.com/dbuezas/lgt8fx/master/package_lgt8fx_index.json

追加するURLは上記です。

メニューバーの「ツール」=>「ボード」=>「ボードマネージャー」からパッケージをインストールします。

「LGT8fx Boards by dbuezas」をインストールしてください。「lgt8fx」で検索すると見つかりやすいかも。

3.環境の設定

接続ポートは、Windows10のデバイスマネージャーから確認できます。画像だと、COM7です。

ツールのところで、書きこむボードを選択します。

スケッチの書き込み方

スケッチの書きこみ方は、「スケッチ」=>「マイコンボードに書き込む」です。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。