SLザウルスのサービスメニューとNANDバックアップ

service menu 01

SL-C700で確認しました。
3桁機種だけなのか、4桁機種もそうなのかはちょっと分かりません。

1.電源OFFにして、バッテリーとACアダプターの両方外す
2.「D」+「M」キーを押したまま、ACアダプターを接続

これで、上記のようなサービスメニューが立ち上がります。

◆NANDをバックアップ◆
スペシャルカーネルを入れる前に、もしそれを入れたことでシステムに何らかの不具合が生じた時のために、システムそのもののバックアップを取っておきます。
電源をオフにした後で、バッテリーとACアダプタを外す
  ACアダプタを外すというのも意味があるようなので、必ず外して下さい。
[D]キーと[M]キーを押したままACアダプタを繋ぐ
すると、Service Menuが表示されるので、3ページ目を表示させます。
[Zaurus]スペシャルカーネル v14iを導入 - w-zero3日和


1.機種別のFlash容量に見合ったサイズのCFカード、あるいはSDメモリカードを用意する。メモリカードは必ずFAT16でフォーマットしておく。
 SL-C700/C750 : 64MB以上の空き容量があること。
 SL-C760/C860 : 128MB以上の空き容量があること。
2.Linux Zaurusの電源をオフにし、ACアダプタと電池を外す。
3.キーボードの「D」と「M」キーを押しながら、ACアダプタを接続し、「Service Menu」を表示させる。
 「Service Menu(3/3)」にある「NAND Flash Back Up」を実行する。これ以外のメニューには決して触らないこと。
Linux Zaurusをハックする - pdaXromでLinux Zaurusの新たな一面を探る (2) インストールのその前に -環境のバックアップ | マイナビニュース


広告の裏の落書き NANDバックアップ

NANDをバックアップぐらいしか使わないと思うんですが、使い方などは上記のリンク先で確認してみてください。

service menu 02

2ページ目はこんな感じ

service menu 03

3ページ目はこんな感じ

下手なところを触ると、ザウルス自体が起動できなくなって分鎮化するので要注意。
アンドロイドでいうとFW自体をクリアしてしまうとかそういうのもできてしまうので・・。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。