Lenovo ideapad a1をroot化してみる

注意事項

root化するとメーカー保証を受けられない可能性があります。また、文鎮化(壊れて、文鎮としてしか使えないようになる)する危険性があります。自己責任でお願いします。

はじめに

SuperOneClickを使用してroot化しようと以前から思っていたのですが、FWのバージョンが2643_ROWになっている場合はうまくいかないそうです。これよりも1つ前のFWならうまくいくそうです。

Root化の方法

1.「Trash 915: 何か - 2643_ROW用」から、「patch-rooted_signed.zip」を入手する。

2.zipファイルのファイル名を「update.zip」にリネームする。

3.microSDカードのルートディレクトリにコピーする。または、内部SDのmnt/sdcardにコピーする。
 内部SDはお勧めできない。何かあった場合に、サービスメニューに入れないため何もできなくなる。

4.A1をシャットダウン(電源OFF状態)する。

5.パッチを当てる
 ・電源OFF状態でVOL[-]ボタンを押しながら、電源ボタンを長押し。
 ・Lenovoロゴが表示され消えるので、VOL[-]ボタンを押したまま、電源ボタンを離す。
 ・音量[-]ボタンを押し続けていると、パッケージ箱からドロイド君を取り出すようなアイコンとプログラスバーが表示される。

6.自動で電源オフされる

7.普通に電源オンする

8.アプリにSuperUserが追加されていれば成功

9.内部SD、外部のmicroSDのどちらかにおいた「update.zip」を削除しておく。
 内部SDに「update.zip」があるとサービスメニューに入れなくなる。
SuperUser

FWのバージョンの確認方法

ホーム画面でメニューキー->「設定」->「タブレット情報」のビルド番号という部分で確認できます。
A107W0_A234_001_015_2643_ROW となっていたらFWのバージョンは2643です。

BusyBoxの導入

今回のroot化の仕方では、BusyBoxは導入されません。BusyBoxを別途導入しないと動作しないroot系のアプリもあります。導入したアプリで、BusyBoxが必要と言われたときに導入してもよいでしょう。
AndroidにBusyBoxを導入してみる

【ブログ内で関連ある記事】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。