【RetroPie】ファイル共有サービス(Samba)の設定

RetroPie 4.2、Raspberry Pi Zero W で動作確認しました
retropie-samba01

「RETROPIE SETUP」=>「C Configuration/tools」=>「826 samba - Configure Samba ROM Shares」=>「1 Install RetroPie Samba shares」で設定・有効化できます。

SSH経由で設定したい場合

$ sudo ~/RetroPie-Setup/retropie_setup.sh
上記のコマンドで設定が立ち上がります。

設定ができたら、Windowsからフォルダにアクセスできる

retropie-samba02

エクスプローラーのアドレスバーに「\\IPアドレス」を入力すると、Raspberry Pi側の共有フォルダにアクセスすることができるようになります。


Raspberry Pi側のIPアドレスと、IPアドレスの固定について

retropie-samba03

メニューの「SHOW IP」のところで、IPアドレスがわかります。

IPアドレスの固定について
【Raspberry Pi Zero W】Wi-FiのMACアドレスを調べる方法 – お部屋でモバイル
特定の機器(PC、スマホ)に固定のIPアドレスを割り当てる方法【家庭内LAN】 – 某氏の猫空

ルータの機能を使って実現できます。

Sambaについて

Samba (サンバ) は、マイクロソフトのWindowsネットワークを実装したフリーソフトウェア。 Linux、Solaris、BSD、macOSなどのUnix系OS を用いて、Windows のファイルサーバやプリントサービス、ドメインコントローラ機能、ドメイン参加機能を提供する。
Samba - Wikipedia



【ブログ内で関連ある記事】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。