【RetroPie】Raspberry Piにインストールする方法

RetroPie 4.2、Raspberry Pi Zero W で動作確認しました
retropie-install01

情報

First Installation · RetroPie/RetroPie-Setup Wiki · GitHub
RetroPieをRaspberry Piにインストールする方法 | Maker is You!

公式がやっぱり一番詳しい気がします。2つめのリンクが「RetroPieの公式ドキュメントにあるインストールガイドの意訳記事」だそうです。
基本は、「Raspbian Jessie」と同じです。

実際に導入してみた

1.イメージをmicroSDカードを書き込む
Download - RetroPie

機種にあったものを選んでください。Raspberry Pi Zero Wは、「Raspberry Pi 0/1」の方を使用します。「Zero = 0」というのに後から気づきました。

Raspberry Pi用イメージをmicroSDに書き込む方法【Win32 Disk Imager】 – お部屋でモバイル

Win32 Disk ImagerというWinsowsアプリを使って書き込みます。使い方は上記を見てください。
2.Raspberry Piを起動して、初期設定をする
retropie-install02

・キーボード
・(あれば)ゲームパッド

上記をつないだ状態で起動してください。初回起動時に、ゲームパットのボタンの割り当ての設定があります。ゲームパットが接続されていない場合は、キーボードのキーの割り当てになっています。

Aボタンに割り当てるボタン(キー)を最初に指定するのですが、これが重要です。
割り当てするボタンがない時は、Aボタン(キー)を長押し(HOLD)することでスキップして次の項目のボタンに移動します。

Aボタン:X
Bボタン:Z
STARTボタン;DEL
SELECTボタン:END
十字キー:矢印キー

私は、キーボードで上記のように設定しました。操作は、登録したボタン(キー)で行うので、キーボードの場合はメモしておいたほうがよいかと思います。
ゲームパッドは、古いWindows用のUSBのやつも認識しました。

参考:【RetroPie】 ゲームパッドの再設定の仕方について

3.その他の設定
retropie-install03

RASPI CONFIG =>Raspbian Jessieと同じ設定項目
RETROPIE SETUP =>RETROPIE関係の設定
WIFI=>Wi-Fiの設定

RetroPieの場合は、このメニューからほとんどすべて設定可能です。ファイラーとかもついています。
日本語設定とかは、Raspbian Jessieと同じなので、同じ設定をすればOKかと思います。

記事の最後に、「他、設定をしたほうが便利そうなこと」にあげている分はやったほうが便利かも

使い方

/home/pi/RetroPie/roms/機種名
該当のところに、手持ちのROMのバックアップファイルを置けばOKのようです。

ここで留意しておかねばならないのは、これらのゲームの多くはもう20年以上生産されていませんが、それでも著作権で保護されているということです。なので実際にカートリッジなどで所持しているゲームと、パブリックドメインとなっているゲームのみコピーしましょう。ここでは、皆さんがROMファイルを所持する権利をちゃんともっていると仮定します。
自分だけのミニスーファミを作る方法|ギズモード・ジャパン


他、設定をしたほうが便利そうなこと

retropie-install04

Wi-Fiの設定とSSHの有効化
ファイル共有サービス(Samba)の設定

ファイル共有あたりはやっておいてもよいかもと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。