使用期限のあるGoogle Play コードの期限後の残高について

google-play-kigen01

※コードは、Google Play におけるxxx円以下の支払いにご使用頂けます。複数回使用したり、換金することはできません。コードは2015 年 9 月 26 日までに Google Play のアカウントにチャージしてください。アカウントにチャージされた場合、使用期限は2016 年 9 月 26 日です。デバイス、定期購読の支払いにはご使用頂けません。

特典のコードの利用には Google Play プロモーション残高利用規約が適用されます。


2016/09/26の使用期限になっているGoogle Play コードは使わなかったらどうなるかというと、やっぱり消滅します(0円になります)。たぶんアメリカ時間で処理されてるのではないかと思います。実際に確認すると上記のような感じになりました。もしかして、残高が消えないかも?ときたいしましたが、甘かったようです。

1. プロモーション残高は、別段の定めがない限り、Google Inc. が発行します。未使用のプロモ ーション残高は、プロモーション残高の提供条件で指定された日付をもって失効します。プロ モーション残高の使用または保持に対して Google から何らかの料金を請求することはありませ ん。
Google Play プロモーション残高利用規約


実際に、失効するというのは明記されてるので、仕様通り・規約通りだとは思います。

使用期限を確認する方法

Googleペイメント
https://payments.google.com/manage/w/0/#paymentMethods:

で確認することが可能らしい。

#使用期限が確認できないと思っていたので、今回試せませんでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。