WindowsでAndroid ADB Shell を使うための設定 【USB接続】

追記:2016/04/07
Windows10でも、記事通りにできました。

追記:2017/02/23
公式の「platform-tools」だけインストールする方法 – お部屋でモバイル

きちんと試せてませんが、上記の方法もあるようです。

※Windows8.1で動作確認しました。

導入手順(要約)

1.JRE(Java実行環境)の導入
2.Android SDKインストール
3.Android デバイス用の USB ドライバのインストール
4.動作確認

当記事では、2を詳しく書いています。

1.JRE(Java実行環境)の導入

JRE(Java実行環境)の導入方法 : 公的個人認証サービス ポータルサイト
JRE 8.0 のダウンロード及びインストール手順(PDF)


上記引用先の説明が分かりよいと思います。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

JREのファイル自体は上記にあります。

追記:2016/04/07
Windows10での動作確認時には、「jre-8u77-windows-x64.exe」というファイルを使いました

2.Android SDKインストール

Android SDKのインストール
Download Android Studio and SDK Tools | Android Developers

上記から、「SDK Tools Only」のWindows版のzipファイルの方を今回は使用しました。DLしたファイル名は、「android-sdk_r24.0.2-windows.zip」です。

追記:2016/04/07

Get just the command line toolsのNo installerを使ったほうが、「C:\android-sdk-windows」にコピーするだけになるので、パスの設定とかもしやすいかと思います。

Windows10での動作確認時には、「android-sdk_r24.4.1-windows.zip」というファイルを使いました

adb shell 01

android-sdk_r24.0.2-windows.zipを解凍して、C:\にコピーしてください。

adb shell 02

C:\android-sdk-windowsフォルダ内にある「SDK Manager」を起動します。

・Android SDK Platform-tools
・Android SDK Build-tools(一番上、最新の物)

この2つにチェックをつけて、「Install」ボタンを押します。

追記:2016/04/07
今回のWindows10環境では、
Extrasの
・Android Support Library
・Google USB Driver
も標準でチェックが入ってるので入れました。

前回はどうだったか記憶がありません。

Pathの設定
adb shell 03

「システムの詳細設定」をクリック。
「システムのプロパティ」のダイアログが開くので、「詳細設定」タブを選択して、その下の方の「環境変数」ボタンをクリックします。

adb shell 04

;C:\android-sdk-windows\platform-tools;

をPathの設定の後ろにつけてください。

追記:2016/04/07
adb-shell07

Windows10でも設定個所は同じなのですが、行編集できるようになっているので、セミコロン関係なく
C:\android-sdk-windows\platform-tools
と入力すればOKでした。

3.Android デバイス用の USB ドライバのインストール

メーカーが提供している場合がほとんどだと思いますので、メーカーのページからUSBドライバーをDLしてインストールしてください。

携帯電話(開発者向けサポート情報) - FMWORLD.NET(個人) : 富士通

例えば、F-12Dなら上記のところから入手できます。

既に、Windows標準のものが入っている場合は、デバイスマネージャーのところから、ドライバー更新という形でインストールしてください。

adb shell 05

F-12Dなら上記のようになっていると思うので、右クリックで、「ドライバーソフトウエアの更新」を選択して、該当ドライバーを指定してインストールしてください。

追記:2016/04/07
今回は、メーカー製のドライバーを入れないでも、問題なく動作しています。

4.動作確認

adb shell 06

スマホとPCをUSBで接続して、Windowsコマンドプロンプトを立ち上げて
「adb devices」と入力して、デバイス名が帰ってきたら環境設定に成功しています。

アンインストール(削除)の仕方

1.JRE(Java実行環境)の導入
->Windowsのプログラム機能のところのアンインストールから可能
2.Android SDKインストール
->「C:\android-sdk-windows」フォルダを削除するだけ
3.Android デバイス用の USB ドライバのインストール
->そのまま放置で

必要なくなったら、上記のような感じで削除できます。

参考

Android ADB Shell を使うためには(USB接続含む) | IT Memo
Windows 8.1でadbコマンドを使えるようにする簡単な方法を紹介
2015年 1月最新版 Android SDKインストール手順(Windows8対応) Approid大好き
白執事の徒然なる日々 2015年02月


スポンサーリンク

『WindowsでAndroid ADB Shell を使うための設定 【USB接続】』へのコメント

  1. 名前:とっしー : 投稿日:2015/10/05 11:55

    古い記事が多く困っていたのですが、
    こちらの記事がとても参考になり大変助かりました。
    ありがとうございました!

  2. 名前:ii☆ : 投稿日:2016/10/27 01:20

    とっしーさんと同意見です。
    古い記事はきちんと日付をつけてほしいものです。
    特にWindows10は、参考になりました。
    上手く動作しました。本当にありがとうございます。

  3. 名前:mimurak : 投稿日:2016/12/13 09:52

    大変参考になりました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。