SoftBank Libero 003ZをAndroid4.4.4にする方法

0.必要なファイル

recovery-clockworkmod-6.0.5.3-blade-TLS-v3-SWIPE.zip
cm-11-20140805-ZeeLogKANG-blade.zip
pa_gapps-modular-mini-4.4.2-20140504-stripped-signed.zip
LockClock.apk

入手先:
CyanogenMod 11(Android 4.4.4) for ZTE Blade - ZTE Roms

私は上記から入手しました。

1.CWM RECOVERY 6.0.5.3を導入する

CWM RECOVERYのバージョンを上記以上でないと導入できません。

ZTE Libero SoftBank 003Zに、CWM Recoveryを導入する方法

上記を参考に導入してください

2.MicroSDを用意する

mounts2SD SD-CARD

無料で使える「パーティション管理ソフト」 Partition Wizard Home Edition 」の記事を参考にして、Windows側で、SDカードの第2パーテーションを「Primary」「ext4」で作成してください。

SWAPも利用したい場合は、第3パーテーションに、「Linux SWAP」を作成してください。ただし、SWAPを使うとかなり遅くなるので、辞めておいたほうがよいかと思います。

3.Android4.4.4にする

電源をOFFにした状態で
[電源]+[Vol -](ボリュームボタンの-)で電源をONにすると、CWM Recoveryが立ち上がります。

※メニューの選択(移動)は、ボリュームでなくて、画面をスワイプして動かします。

cm-11-20140805-ZeeLogKANG-blade.zip
pa_gapps-modular-mini-4.4.2-20140504-stripped-signed.zip

上記2つを、書きこんでください。

参考:ZTE Libero SoftBank 003Zに、CM7/CM10/CM11を導入する方法

4.LockClock.apkを導入する

Android4.4.4を立ち上げて、普通のアプリをインストールする要領で、ファイラーからタップして導入してください。
ロック画面関係みたいですが、必ず必要なのかどうかは分かりません。

補足

・SIMなし運用の時は、機内モードにすること(この状態でも、WI-FIは動作する)
・Flashは動作しない(いろいろやってみたけど、無理っぽい)
・Chromeは導入できない(CPUがARM6なので非対応)
・メモリを必要とするアプリは、もっさりするみたい

SIMなし運用だと、機内モードでももっさりする対策

859 :SIM無しさん:2014/04/30(水) 17:35:21.79 ID:KBfNjRa2
>>858
もしかしてMENUキーを押している?

左のホームキーが進む、右の戻るキーが戻る、ボリュームの+ーで上下移動だよ


基本的に自分用だけど
ttp://www.modaco.com/topic/368013-devrom-313-cyanogenmod-110-android-442/
の20140331版向けにCWMでインストールできる追加ファイルあげたよ

cwmのupdater作ったのはじめてだから、おかしければエロい人直してね

ttp://www1.axfc.net/uploader/so/3234248
パスは003z

中身は
update-fonts-signed.zip
 /system/fontsにMTLmr3m.ttf(標準日本語フォント)をインストール
update-gps-signed.zip
 /system/etc/gps.confを日本国内向けにしたつもりのもので置き換え
update-ril-OFF-signed.zip
 SIMなしでも正常に動作するように3G関係を無効にするよう書き換えたbuild.propで
 /system/build.propを置き換え、SIM入れても3G通信できなくなるから注意
update-ril-ON-signed.zip
 標準の/system/build.propで置き換えて、3G関係を元に戻す
〓SoftBank Libero 003Z Part2 -2chスレ


build.propに以下を追加すると、SIMなしでも嘘のようにもっさり感がなくなった。

# no sim mode
persist.ril.enable=false

上記のupdate-ril-OFF-signed.zip を解凍して、
build.propを差し替えて
再度zip圧縮してものを
CWM RECOVERYから、更新しました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。