ZTE Libero SoftBank 003Zに、CM7/CM10/CM11を導入する方法

CWM Recoveryを立ち上げて作業します。
CWM Recoveryの導入の仕方は、「ZTE Libero SoftBank 003Zに、CWM Recoveryを導入する方法 」を参考にしてください。

導入の仕方

1.wipe data/factory reset
2.install zip from sdcard
 CM、gappsの順番に
3.reboot system

初回起動時に、CM10で5分、CM11で6分程度、画像がくるくる?まわっている起動画面でした。だから、この程度は待ったほうがよいのかも(^^;

#SIMなしで作業しています。

CM7
transitive.info - Libero SoftBank 003Z (ZTE Blade) に CyanogenMod 7 をインストールする

cm-7-20130301-NIGHTLY-blade.zip
gapps-gb-20110114-signed.zip

きびきびして、快適だと思います。

flash_player 10.3 armv6.apk
を導入すると、Flashも動作してます。

Gyaoも再生OK。

CM10
[DEV][ROM][20.12.] CyanogenMod 10.2 (Android 4.3.1) - ZTE Blade / Libra ROMs & ROM customisation - MoDaCo

cm-10.2-20131220-KonstaKANG-blade.zip
gapps-jb43-20130924-KonstaKANG.zip

もっさり感がありますね。タップも反応が少し悪い感じが・・・。
Flashが動作しない。Chromeを導入できない。Gyaoも無理みたい。

Chromeは、ARMv6には対応してないから??

CM11 2014/02版
http://www.modaco.com/topic/368013-devrom-82-cyanogenmod-110-android-442/

cm-11-20140208-ZeeLogKANG-blade.zip
pa_gapps-modular-mini-4.4.2-20140208-stripped-signed.zip

意外と快適なので、CM7の次におすすめ。

microSDカードに第2パーテーションを作っている場合は、その中身をクリアしておいたほうが良いと思う。上記のものは、ある場合自動で、/dataに割り当ててくれるみたいです。

Flashが動作しない。Chromeを導入できない。Gyaoも無理みたい。

CM11 2014/08版
CyanogenMod 11(Android 4.4.4) for ZTE Blade - ZTE Roms

recovery-clockworkmod-6.0.5.3-blade-TLS-v3-SWIPE.zip

参考:ZTE Libero SoftBank 003Zに、CWM Recoveryを導入する方法

先ずは、上記の導入してから、CWMを使用して以下を書きこみます。

・cm-11-20140805-ZeeLogKANG-blade.zip
・pa_gapps-modular-mini-4.4.2-20140504-stripped-signed.zip

あと、これを、Androidから普通のアプリを導入するようにインストールする
・LockClock.apk

LockClock.apkは、ロック画面系のなんかみたいだけど、よくわからず。

参考:SoftBank Libero 003ZをAndroid4.4.4にする方法


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。