無料のメモリー解放アプリ【iPhone/iPad/iPod touch用】

iPhoneがもっさり、遅くなったら 【メモリを開放する】

で書いたように、 lAssistant 1.3(無料)というアプリを使用していたんですが、日本語表示でないというのと古めのアプリということでどうかなと思ってました。

で、今回、日本語表示のアプリで比較的新しめだと思う無料のメモリー解放アプリがあったのでそちらに乗り換えました。

カテゴリ:ユーティリティ, 仕事効率化
販売元:Kak-Kyu LEE

使い方

drmemory

アプリを立ち上げて、「最適化」というボタンをタップします。
そのままの状態で「スタート」と押すとメモリーが解放されます。

メモリーをもっと開放したい場合は、スライダを動かしてから、「スタート」で開放します。
初期値よりも大きい値にすると、裏で動作しているアプリなども強制終了させるようです。

この値は、毎回、「初期値」になります。
またこの値を大きくしすぎると、このメモリー解放アプリ自体も強制終了してしまいます。


iPod touch 4だと、110MB程度の空きメモリーが限界のようです。

追記:2016/06/27
iOS9(iPhone4S)でも、動作しています。

【ブログ内で関連ある記事】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。