脱獄アプリの簡単なバックアップ方法

Cydiaより導入したアプリをバックアップする方法はいろいろあるようですが、試した中ではこれが一番簡単で確実そうな気がするのでやった方法を書いておきます。

i-Funboxの導入

ダウンロード先:
http://www.i-funbox.com/

パソコン側に、i-Funboxというソフトを導入します。
iPhone/iPadをUSBでパソコンと接続した状態で、このソフトを立ち上げると、iPhone/iPadの中身を見ることが可能です。またコピーとかもできるようになります。

脱獄アプリのバックアップ方法

i-Funbox

パソコンとUSBで接続した状態で、脱獄アプリのインストールを行います。インストール後に「Reboot Device」か「Restart SpringBoard」のボタンが出てくるので、それを押す前にアプリをi-FunboxからPCにコピーします。

該当ファイルの場所で、右クリックでメニューが出てくるので「PCへコピー」を選択してください。

場所は、
/private/var/cache/apt/archives
です。
i-FunboxのRawファイルシステムからたどっていけばよいでしょう。

もともとこの場所にファイルがある場合がありますが、それは必要ないので脱獄アプリをインストールする前にこの場所にあるファイルを削除しておくと、必要なファイルがわかりやすいと思います。

脱獄アプリ1つに1ファイル(debファイル)になっていない場合がありますので注意してくださいね。

バックアップした脱獄アプリをインストールする方法

/private/var/root/Media/Cydia/autoinstall

バックアップしたファイル(debファイル)を上記の場所において、端末を再起動すれば次回起動時にインストールされます。

補足

CydiaアプリのAptBackup(無料)がありますが、これは導入したアプリのリストを記録するだけで、アプリのファイル自体をバックアップするわけではありません。Cydiaアプリが公開されなくなれば、もとに戻すことができなくなります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。